読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほねぶろぐ

アニメとAndroidが好きなほねっとのブログです。

受験とか就活とか、数年後の自分像とか言われてもすぐには答えられないけど、「○○と一緒に○○したい」っていう目標が、理想像や自分を客観的に見る目をしっかりさせてくれてる気がするのでその話。

The Future

ちょっと前まで、将来の話ってあんまり考えたくないし、
考えても答えが出ないから不安になるし、
なんか避けたい話題だった。

「社会のために!」とか「お金稼げるように!」
っていうのに向かって、勉強やお仕事を
頑張るのもありかと考えたこともあった。

きっと、その目標に対して成果が出たときは
とっても楽しいだろうし、得られるものも
おっきいはず。

でも自分のキャラとして、経済的な豊かさとか、
社会発展のために、自分を最適化していく過程が
楽しいかって考えたら楽しくなさそうだった。

TED@Tunis_D81_5857

 

誰かに憧れて「○○さんみたいになりたい!」と
思ったこともあった。

でも憧れの人の像に近づくには、憧れの対象が
すごいほど、自分に足りないものがありすぎることに
絶望するし、自分が描く未来に自分がいない気がした。

あとそういうすごい人たちも、
「わたしはわたしだ(^ν^)、君はわたしにはなれない。」
みたいに言うってはなしをよく聞くし、すごく納得した。 

Nana-Stage10 07

そんな自分がいま一番の原動力としているのが
「奈々ちゃんやゆかりんと一緒にお仕事をしたい!」
っていう、冗談みたいなマジなおはなし。

「自分が憧れているすごい人」と一緒に「仕事をする」
目標でいま頑張ってる。

 

これのいいところは、

  • 自分の長所を活かすような理想像を描ける
  • 「憧れの人」のいる分野は自分が好きな分野なことが多い
  • 目標がすごいほど自分に求めるレベル・確度が洗練される
  • ファンの欲求が自分の行動と直結していて、いつも楽しい
  • 常に自分を客観的(奈々ちゃん的・ゆかりん的)に
    見ることができる

などなど、結構いっぱいあって、自分のモチベーションを
高くするには十分すぎるほどある感じ。

 

なんとなーく「このプロジェクト終わったら次するんだろなー」とか、
「この会社とあの会社、どっちに行こうかなー」って思ったり
悩んだりしたら、「○○と一緒に○○する」にはどうしたらいいかな
なんて考えてみるのもいいかも。

 

ちなみに、「○○と一緒に○○する」のバリエーションとしては、

  • 奈々ちゃんやゆかりんと一緒に仕事をする
  • はやてちゃんと一緒に晩御飯を食べる
  • 尾田栄一郎さんと一緒にマンガを描く
  • Googleと一緒にAppleを倒す
  • あずにゃん「先輩といっしょに大学に行く」

とか結構いろいろあってよさそう。

 

Sunset in the morning. A view of the capital city of Thailand, Bangkok

日系企業新卒の私が、海外企業の新卒と話して一番驚いた違い | ShareWis Blog 

こんな記事もあることだし、仕事に対してのやりがいを
見つめる軸の一つとして、自分はこの考えでしばらく
やっていきたいなっていう、ざっくりしたお話。